CARBON EQUIP

SD、DD用の武器・防具の製作等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルパ32販売アイテム・その1

ドルパ32で販売するアイテムを紹介していきたいと思います。

『ロングボウ(弓)』
IMG7854.jpg

以前から、多くの方より「“弓”は造れませんか?」とのお声をたくさん頂いておりました。
“弓”自体を造るのは難しくはないのです。ですが、弦を付けるとそれ自体が発射能力を有してしまい、
本当の“武器”となりルール違反となってしまうのです。
なので、色々と試行錯誤しておりました。
そして、以前ある方から「ネオジム磁石を仕込んで武器を造っている」との情報を教えて頂いた事があり、
それをヒントに「強力ネオジム磁石による合体方式」を採用して製作致しました。
コンセプトは合体デス(^_^)!

まず、本体は軽量に仕上げる為に、バルサ材から切り出し、形状を削りだして製作。
弓が上下で合体する仕様にしてあります。
その為、本体の合体用、弦を固定する箇所それぞれに強力ネオジム磁石を埋め込んであります。
グリップ部はスチールパイプを採用。(後述の矢がくっつくようになります)

矢はキャストとプラ棒で製作。
IMG7857.jpg

矢じりに、強力ネオジム磁石を埋め込んであります。
(これでグリップのスチール部に矢じりがくっつく仕様になります)
IMG7860.jpg

塗装は本体、矢共に、ガンメタル仕様で仕上げています。

弦の両端に強力ネオジム磁石を接着。

強力ネオジム磁石が、埋め込まれている箇所をおさらいすると、

・弓本体
・弓本体の弦の固定箇所
・弦の両端
・矢じり

に、埋め込まれており、合体する仕様になっていますので、ばらすと
IMG7861.jpg
こんなカンジのパーツ構成になります。

合体させるとこんなカンジです。
IMG7862.jpg
矢をセッティングしていないので弦が弛んだままの状態になります。

矢をセットすることで、グリップ部に矢の先端が合体し、弦が張ったような状態になります。
IMG7863.jpg

矢をセットしない状態の弦もセットになります。
IMG7864.jpg

実際に発射しようとすると磁石合体部分で分離する仕様になっており、発射能力はありません。

DDの身長から想定するに、この弓は大きさから“ショートボウ”にはカテゴライズされない為、
“ロングボウ”ということになります。
IMG7856.jpg
IMG7855.jpg

『ロングボウ』のセット内容は

・弓本体
・矢×1本
・矢をセッティングしたバージョンの弦
・矢をセッティングしていないバージョンの弦

となります。

以上、ドルパ32販売アイテム・その1でした。
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://carbonequip.blog62.fc2.com/tb.php/59-08e53cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。